2016.02.17

アーセナル、今夏にキャリック獲得を画策か…過去に3度挑戦も叶わず

MANCHESTER, ENGLAND - NOVEMBER 03: Michael Carrick of Man Utd in action during the UEFA Champions League Group B match between Manchester United and CSKA Moscow at Old Trafford on November 03, 2015 in Manchester, England. (Photo by Simon Stacpoole/Mark Leech Sports Photography/Getty Images)
マンチェスター・UでプレーするMFキャリック [写真]=Mark Leech Sports Photography/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルが今夏、マンチェスター・Uに所属するイングランド代表MFマイケル・キャリックの獲得を画策していることがわかった。16日付のイギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。

 今シーズン限りでマンチェスター・Uとの契約が満了となるキャリック。同紙によると、アーセナルは今夏で退団となれば、同選手の獲得に動く準備をしているという。

 アーセナルは過去にもキャリックの獲得に3度乗り出している。1度目は2004年、当時ウェストハムに所属していた同選手とサインを結ぼうと画策したが、最終的にはノース・ロンドンのライバルでもあるトッテナムに加入した。

 キャリックは2006年の夏にマンチェスター・Uに移籍を果たすが、この時にもアーセナルは争奪戦に参戦していた。また、昨夏にも再び接触を試みたが、同選手はマンチェスター・Uと1年間の契約延長を結び、獲得は叶わなかった。

 一方でアーセナルは、元フランス代表MFマチュー・フラミニ、スペイン人MFミケル・アルテタ、チェコ代表MFトマーシュ・ロシツキーの中盤3選手と契約延長する予定がなく、今シーズン限りで退団する可能性が高い。そのため、中盤の駒不足を補うために日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンのケニア代表MFヴィクター・ワニアマの獲得を第一優先で画策している。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
Aマドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る