2016.02.15

英紙、逆転負けレスターを評価…岡崎は「カウンター攻撃をリンクさせた」

岡崎慎司、エジル
エジル(右)と競り合う岡崎慎司 [写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第26節が14日に行われ、アーセナルと日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターが対戦。首位レスターは前半にイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディのPKで先制したが、後半アディショナルタイムに逆転ゴールを決められて1-2で敗れた。先発出場の岡崎は61分に途中交代で退いた。

 イギリス紙『デイリーメール』が同試合の採点を発表(最低1点、最高10点)。途中交代の岡崎には「6.5」と上々の評価がつけられた。

 同紙は「サイドでの連係から、カウンター攻撃を良くリンクさせていた」と、攻撃時の働きに高評価を与えつつ「複数の選択肢の中から、悪いオプションを選んでしまっていた」とも記していた。

 逆転負けを喫したレスターだが、先制点を挙げたヴァーディとフランス人MFエンゴロ・カンテに「7.5」がつけられるなど、軒並み及第点以上の評価が与えられていた。

 レスターは今シーズン3敗目を喫し、勝ち点は53のまま。2位トッテナム、3位アーセナルとの勝ち点差は2に縮まった。次節は27日、ノリッジをホームに迎える。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
Aマドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る