2016.02.13

4位転落のマンC、指揮官は優勝争いに自信「最大で勝点36を得られる」

レスターとの上位対決に敗れたマンチェスター・C [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cは14日に行われるプレミアリーグ第26節でトッテナムをホームに迎える。マンチェスター・Cを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督が会見に臨み、優勝争いについて言及した。12日、同クラブ公式サイトが伝えている。

 前節、日本代表FW岡崎慎司が所属する首位レスターとの上位対決で1-3と敗戦を喫し、4位に後退したマンチェスター・C。レスターとの勝ち点差は「6」に広がり、優勝争いにとどまるためには上位対決での連敗は許されない。

 プレミアリーグは残り13試合。ペジェグリーニ監督はトッテナム戦について、「先週も言ったように何かが決まる試合ではないが、とても重要な試合だ。最大で勝点36を得られる。我々にとっては、首位に返り咲こうとするのが重要だ」と、あくまで残りのリーグ戦における1試合だという認識を示した。

 また、「レスターに敗れたのは予想外だった。直近の11試合は、FAカップ準決勝ファーストレグのエヴァートン戦以外負けていなかったからね。我々は良い状態にあるが、トッテナム相手にも良いプレーをしなければならない」と、レスター戦に敗れはしたものの、チームは良い状態にあると自信をのぞかせた。

欧州順位ランキング

チェルシー
63pt
トッテナム
53pt
マンチェスター・C
52pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
53pt
ライプツィヒ
48pt
ドルトムント
40pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
55pt
バルセロナ
54pt
セビージャ
52pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ローマ
59pt
ナポリ
54pt
欧州順位をもっと見る