2016.02.13

マンCに朗報と悲報…主将コンパニが出場可能も新たに2選手が離脱

コンパニ
マンCの主将を務めるコンパニ [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cに所属するベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが復帰目前となった。同クラブ公式HPが12日に伝えている。

 チームの主将を務めるコンパニは今季、相次ぐ負傷により、プレミアリーグでは9試合の出場に留まっている。最後の出場は昨年12月26日に行われた第18節のサンダーランド戦。コンパニにとって公式戦9試合ぶりの出場となる復帰戦だったが、ふくらはぎを痛めて途中出場からわずか9分で交代を余儀なくされていた。

 14日に行われるプレミアリーグ第26節で、マンチェスター・Cはトッテナムと対戦する。同試合に向けた会見に臨んだマヌエル・ペジェグリーニ監督は「どんな選手でも、100パーセントの状態ならプレーしないといけない。彼はU-21チームとの親善試合で45分間プレーしたし、出場準備は整ったと思う」と明かし、「みんな何年もコンパニのプレーを見てきただろうし、彼がどれほどのクオリティをもたらすかは説明不要だろう。彼はリーグ最高DFの1人だ」と信頼を明かした。

 一方で、「バカリ(・サニャ)は先週、膝に問題を抱えていた。水が溜まっているので注射器で抜いて、復帰まで1週間を要する。(ファビアン・)デルフはさらにひどい。アキレス腱のケガで、治療には6週間から7週間がかかる」と新たなケガ人を発表。「サニャ、(エリアカン・)マンガラ、デルフ、(サミル・)ナスリ、(ヘスス・)ナバス、(ケヴィン・)デ・ブライネ、(ウィルフリード・)ボニーが欠場。(ダビド・)シルバは大丈夫だ」と離脱者リストを読み上げた。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る