2016.02.11

岡崎所属レスター、来季CL出場確率は98%…大手メディアがデータ掲載

岡崎慎司
レスターでプレーする(左から)岡崎、ヴァーディ、マフレズ [写真]=Leicester City FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW岡崎慎司所属のレスターが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得することが確実視されている。大手メディア『ESPN』によるとその確率は98パーセントだという。

 同メディアは9日、プレミアリーグの各クラブがCL出場権獲得となる4位以内でシーズンを終える確率のデータをインスタグラムに掲載。25節終了時点で首位を走るレスターは98パーセントという高い数字となった。

 そのレスターを勝ち点差5で追いかける2位トッテナムは88パーセント。一方、トッテナムと同勝ち点の3位アーセナルは95パーセントとなっている。また、前節レスターとの直接対決に敗れ4位に転落したマンチェスター・Cは96パーセントと、4位以内が確実視されている。

 データ上では現在4位以内につけているチームがそのままシーズンを終える可能性が高いようで、マンチェスター・Cを6ポイント差で追う5位マンチェスター・Uは15パーセントと厳しい数字に。さらに、9位リヴァプールと13位チェルシーの強豪2クラブは0.2パーセントと、絶望的な数字になっている。

■『ESPN』による来季CL出場権獲得確率(カッコ内は25節終了時の順位)

レスター:98%(1位)
マンチェスター・C:96%(4位)
アーセナル:95%(3位)
トッテナム:88%(2位)
マンチェスター・U:15%(5位)
ウェストハム:4%(6位)
サウサンプトン:3%(7位)
エヴァートン:1%(8位)
リヴァプール:0.2%(9位)
チェルシー:0.2%(13位)
ワトフォード:0.1%(10位)
ストーク:0.1%(11位)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る