サッカーゲームキングジャック6月号
2016.02.09

優勝への心構えは登山に学べ…岡崎所属のレスター指揮官、選手を鼓舞

GettyImages-508726588
前節でマンCを破り、快進撃を続けるレスター [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのクラウディオ・ラニエリ監督が、プレミアリーグ制覇を目指す心構えを明らかにし、選手たちを鼓舞するメッセージを送った。イギリス紙『デイリーメール』が7日に報じている。

 6日に行われたプレミアリーグ第25節で、マンチェスター・Cとの首位決戦を3-1で制したレスター。奇跡の快進撃を続ける同クラブは現時点で勝ち点53を積み上げ、2位トッテナムとの勝ち点差を5に広げている。

 プレミアリーグ制覇までの道程を山登りに例えたラニエリ監督は、「このように特別なことを成し遂げるのは選手たちにとって初めてだ。だから、下を向いたり後ろを向いたりしないことが大切なんだ。まるで登山者のように、上を向いて歩かなければならない。もしも下を向いたら『なんてこった。こんなところまで来ちゃったよ』と思ってしまうからね」と、優勝に向けた心構えを語った。

 続けて、「レスターにとってのプレッシャーはシーズン序盤にあった。我々は『プレミアリーグに残留する』という目標を掲げてシーズンに臨んだからね。プレミアリーグやチャンピオンズリーグを制覇するために巨額の出費を費やした他のクラブの方が、今はプレッシャーを感じていることだろう。我々は今を楽しんでいるよ。昨シーズンは戻ってくるのが難しい場所に落ちる(2部降格)のを回避するために大きなプレッシャーがあった。今、その経験が生きているんだ」と、コメントしている。

 また、1994-95シーズンにブラックバーンをプレミアリーグ制覇に導いた元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏は、「最近はビッグクラブと小さいクラブの経済格差がこれまでになく広がっている。レスターがこのまま快進撃を続けてプレミア制覇を成し遂げるとしたら、それはサッカー史上最高の物語になるだろう」と、エールを送っている。

 14日に行われる次節、レスターは3位アーセナルとアウェーで対戦する。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る