2016.02.08

クロップ監督、虫垂炎手術から驚異的な回復…わずか3日で現場復帰へ

during the Barclays Premier League match between Leicester City and Liverpool at The King Power Stadium on February 2, 2016 in Leicester, England.
リヴァプールを率いるクロップ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 虫垂炎で緊急手術を受けたリヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、早くも練習へ復帰する見込みであることがわかった。7日付のイギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。

 6日に虫垂炎と診断されて、緊急手術を受けるために急いで病院に運ばれたクロップ監督。病院で経過をしばらく見守る予定だったが、7日の午後に退院し自宅へ戻った。

 驚異的な回復を見せている同監督だが、6日に行われたプレミアリーグ第25節サンダーランド戦は指揮を執ることはできず、病院のベッドの上で2-2の引き分けに終わった試合を見たという。

 クロップ監督は8日の練習から復帰したい意向を示しており、9日に行われるFAカップ4回戦のウェストハム戦で現場に復帰する可能性もある。

 今後はチームの医療チームがクロップ監督の様子に注意を払いながら、少しでも手術の影響があるようであれば自粛を促すようだ。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
10pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
ビルバオ
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
ローマ
10pt
欧州順位をもっと見る