2016.02.08

ペップ父、プレミアの印象は“退屈”と語る「ロングボールばかり」

グアルディオラ
来季からマンCを率いるグアルディオラ監督 [写真]=VI Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 来季からマンチェスター・Cを率いることが決定しているジョゼップ・グアルディオラ監督の父、ヴァレンティ・グアルディオラ氏が、6日付のイギリス紙『デイリー・ミラー』によるインタビューに応え、息子が挑戦するプレミアリーグの印象を語った。

 2013-14シーズンからバイエルンの指揮官を務めているグアルディオラ監督は、昨年末に今季限りでの退任を発表。今月1日には、マンチェスター・Cが来シーズンからの3年契約を結んだと発表していた。

 現在84歳のヴァレンティ氏は、イングランドのサッカーを「退屈だ」と語り、「白状しないとね。イングランドのフットボールは私のお気に入りではない。ロングボールとランニングばかりではないか」と主張。

 一方で、「私は息子がやってきたようなフットボールの方が好きだよ。たくさんのパスと驚くような攻撃で、相手に穴を空けるんだ」と、パスを繋いで相手を崩すスタイルを好むことを明かしている。

欧州順位ランキング

チェルシー
60pt
マンチェスター・C
52pt
トッテナム
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
50pt
ライプツィヒ
45pt
ドルトムント
37pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
52pt
バルセロナ
51pt
セビージャ
49pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
63pt
ローマ
56pt
ナポリ
54pt
欧州順位をもっと見る