2016.02.08

プレミア注目のワトフォードFW、中国から年俸26億円のオファー受けていた

イガロ
中国から巨額のオファーを受け取っていたことを明かしたワトフォードFWイガロ [写真]=Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 ワトフォードに所属するナイジェリア代表FWオディオン・イガロは、昨年夏に中国2部のクラブから受け取ったオファーの額を明かした。南アフリカメディア『Super Sport』がコメントを報じた。

 昨シーズン、チャンピオンシップ(イングランド2部)でゴールを量産して注目を集めたイガロは、夏に当時中国2部の河北華夏幸福から巨額のオファーを受け取り、それを断ったことを明かしていた。

 同選手がイギリス紙『デイリーメール』に話したところによれば、なんとその金額は最終的に週給30万ポンド(約5085万円)以上、年俸換算でおよそ26億4000万円まで膨らんでいたという。

「僕は移籍に近づいていたよ。彼らは移籍金1000万ポンド(約16億9000万円)を入札し、僕には週給20万ポンド(約3390万円)を提供してきた。その4年契約だ。3日間眠れなかったよ。そのようなお金は、断るには難しいものだった。数人のチームメイトはドレッシングルームで『こんなチャンス逃すべきじゃない』と言うんだ」

「でも、僕はその意思決定には飛び込まなかった。神に祈ってみたら、それは僕のためにはならないと言っていた。金額がどんなに大きなものであろうともね。僕は神が自分を導いてくれると知っていた。そして、その時僕は中国には行きたくないと言ったんだ。彼らはもっと多くの金額を提示してきた。それはもはや週給30万ポンドを超えていた。僕は彼らに『金の問題じゃないんだよ』と言ったんだ」

 なお、イガロはその当時週給3万ポンド(約508万円)であったようで、中国からのオファーはなんと10倍以上だったということになる。

(記事提供:Qoly)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る