2016.02.06

今季不調のアザール、退任したモウリーニョ氏へ謝罪メッセージ送付

MANCHESTER, ENGLAND - OCTOBER 26:  Chelsea Manager Jose Mourinho embraces Eden Hazard during the Barclays Premier League match between Manchester United and Chelsea at Old Trafford on October 26, 2014 in Manchester, England.  (Photo by Alex Livesey/Getty Images)
チェルシーでプレーするアザール(左)とモウリーニョ前監督(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシー所属のベルギー代表MFエデン・アザールが、同クラブを12月まで率いたジョゼ・モウリーニョ氏に対して謝罪メッセージを送っていたことが明らかになった。5日付のイギリス紙『ガーディアン』などが報じている。

 昨シーズン、プレミアリーグ年間最優秀選手賞、PFA(イングランドサッカー選手協会)年間最優秀選手賞、FWA(イングランドのサッカーライター協会)年間最優秀選手賞の個人賞3冠を獲得し、プレミアリーグ制覇などに貢献したアザール。しかし今シーズンはここまで24節を終えてリーグ戦で得点がなく、不調が続いている。

 アザールは同紙の取材に対し、「申し訳なかったとメッセージを送ったよ。ただ彼に謝罪の気持ちを伝えたんだ」と応え、成績不振で退任となったモウリーニョ氏に対しメッセージを送っていたことを明らかにした。

 同選手は「僕らは昨シーズン、ともに成功を楽しんでいたが、今シーズンはそうならなかった」とモウリーニョ氏と歩んだ不調のシーズンを振り返った。その上で、「僕は年間最優秀選手賞を受け取ったから、罪の意識を感じている。決定的な役割を担う選手の一人だったのにも関わらず、今年のパフォーマンスは良くない 」とコメント。モウリーニョ監督退任に責任を感じているようだ。

 また、アザールはモウリーニョ氏の対応についても言及。「メッセージを送ると、ジョゼは僕のところへ来て、僕の将来の成功を望んでくれた」と語り、変わらぬ友好関係が築かれていることを明かした。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る