2016.01.28

判定にエヴァートン指揮官が不満吐露…ペジェグリーニ監督も誤審認める

during the Capital One Cup Semi Final, second leg match between Manchester City and Everton at the Etihad Stadium on January 27, 2016 in Manchester, England.
エヴァートンのマルティネス監督(左)とマンチェスター・Cのペジェグリーニ監督(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 キャピタル・ワン・カップ準決勝セカンドレグが27日に行われ、マンチェスター・Cはエヴァートンと対戦し、3-1で勝利を収めた。試合後、審判の判定について同クラブ指揮官がコメントを残した。

 話題となったのは70分のプレー。イングランド代表MFラヒーム・スターリングがクロスを上げ、ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネの得点につながった場面であるが、スターリングがパスを出した時点で、ゴールラインを割っていたと見られている。

 エヴァートンを率いるロベルト・マルティネス監督は試合後のインタビューで、「あの得点は胸が張り裂けるような気分にさせる。リプレイを見れば、あの時正しい判定ができなかったことは信じられない」と審判団への不満を口にした。

 同ゴールによってマンチェスター・Cが2-1と逆転し、2試合合計スコアは3-3となった。マルティネス監督は「あのゴールはとても重要な得点だ。試合の流れを大きく変化させた」と得点を振り返り、微妙な判定が勝敗を分けたと主張した。

 一方でマンチェスター・Cを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督は、クラブ公式HPを通じて、「審判のミスだったかもしれない」と誤審の可能性を認めた。その上で、「第1戦でのエヴァートンの先制点はオフサイドだった。PKの判定となるべきものもあった。だから彼らは不満を言えないと思う」とコメントし、サッカー界ではよくあることだとの見解を示した。

 プレーに関わったスターリングは2月28日の決勝で古巣リヴァプールと対戦する。28日付のイギリス紙『デイリーミラー』によると、同選手は「リヴァプールの選手からメッセージをもらったよ。決勝は厳しい試合になる」と意気込んだという。

欧州順位ランキング

マンチェスター・C
18pt
トッテナム
14pt
エヴァートン
14pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
15pt
ドルトムント
12pt
ライプツィヒ
12pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
14pt
バルセロナ
13pt
アトレティコ・マドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
14pt
インテル
11pt
欧州順位をもっと見る