2016.01.26

負傷者続出を嘆くファン・ハール監督「それはどうしようもないこと」

ファン・ハール
マンチェスター・Uを率いるファン・ハール監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのルイ・ファン・ハール監督が、0-1で敗戦したサウサンプトン戦、サポーターの期待に応えられなかったことについて反省の弁を口にした。イギリス紙『ガーディアン』が24日付で報じている。

 23日に行われたプレミアリーグ第23節、マンチェスター・Uはホームで日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦。新加入FWチャーリー・オースティンにゴールを許し0-1で敗れた。この結果を受け、5位のマンチェスター・Uはチャンピオンズリーグ出場圏の4位トッテナムとの勝ち点差が「5」に開いている。

 ホームでの敗戦後、解任の噂も囁かれているファン・ハール監督は「サポーターの期待に応えられずとても落胆している。彼らは私に対して大きな期待を持ってくれていた。その期待に応えられなかったので、非常に失望している」と失意のコメントを残した。

 また、試合中にサポーターからブーイングを受けたことについて、チームのパフォーマンスを向上させる必要性を強調しつつ、「どんなことがあろうとも、我々は団結していかなければならない。全力を尽くさなければならないが、負傷者が多すぎる。それはどうしようもないことだ」と語り、負傷者が続出した状況を嘆いている。

 マンチェスター・Uは30日、FAカップ4回戦でイングランド2部のダービー・カウンティと対戦する。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
10pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
ビルバオ
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
ローマ
10pt
欧州順位をもっと見る