2016.01.25

ヒディンク監督、パトの能力を疑問視か…チェルシー移籍は不透明に

パト
コリンチャンスでプレーするパト [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーがコリンチャンスでプレーするブラジル人FWアレシャンドレ・パトの獲得に向けて慎重な構えを見せていることが明らかになった。23日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 複数のイギリス紙は20日、チェルシーがパトの移籍に関して口頭合意に達したと報道していた。しかし、同クラブを率いるフース・ヒディンク監督はパトの能力を不安視。プレミアリーグやチャンピオンズリーグで活躍できるか疑問に思っているようで、クラブも同選手獲得に向けて慎重な構えを示しているという。

 今シーズン不調が続いていたスペイン代表FWジエゴ・コスタも、ヒディンク監督就任後はアーセナルとの“ビッグロンドン・ダービー”で得点を挙げるなど6ゴールを記録。本来の能力を発揮し始めている。しかし、D・コスタは公式戦2試合続けて負傷退場しており、コンディションにはまだ不安が残っている。

 チェルシーがかねてより関心を示していたシェフタールのブラジル人MFアレックス・テイシェイラも、リヴァプール移籍が有力と伝えられるなど、ここにきて攻撃陣の獲得が不透明となってきた。同クラブは新たなアタッカーを獲得するのか、今後の展開に注目が集まる。

欧州順位ランキング

チェルシー
75pt
トッテナム
71pt
リヴァプール
66pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ライプツィヒ
62pt
ドルトムント
56pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
75pt
レアル・マドリード
75pt
アトレティコ・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
83pt
ローマ
72pt
ナポリ
71pt
欧州順位をもっと見る