2016.01.25

A・サンチェス、アーセナル残留の意思明言…今季の目標は「3冠」

A・サンチェス
アーセナルでプレーするA・サンチェス [写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスが、24日付のイギリス紙『サンデー・ミラー』のインタビューに応え、同クラブに残留する意思を明言した。同日付のイギリス紙『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。

 2014年7月にバルセロナからアーセナルへ加入したA・サンチェスは、「僕はアーセナルでとても幸せだ。退団のことなんて考えていないよ」と表明。「ファン、クラブ、選手の一体感がずば抜けているし、サポーターが素晴らしいんだ。僕らはともに敗北を苦しみ、ともに勝利を喜んでいる」と、その理由を述べた。

 アーセナルは、プレミアリーグ第22節終了時点で13勝5分け4敗の勝ち点「44」。日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターを得失点差で上回り、首位につけている。同選手は、「今シーズン、僕らは自分たちがプレミアリーグの優勝候補であることを証明している。優勝の資格が備わっていることに疑いはないと思うよ」とこれまでの成績に満足感を示すと、「今季はプレミアリーグ、FAカップ、チャンピオンズリーグの3冠を達成したい。簡単なことではないが、僕らならできるはずだ」と目標を明かした。

欧州順位ランキング

アーセナル
34pt
チェルシー
34pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
33pt
ライプツィヒ
33pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
37pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る