2016.01.21

ヴィディッチ、プレミア復帰へ…最下位アストン・ヴィラがオファーか

ヴィディッチ
インテルに在籍していたヴィディッチ(写真は昨シーズン) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルを退団した元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチが、プレミアリーグに復帰する可能性が高まっていることが明らかになった。20日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 昨年8月には腰の手術を受け、今シーズンここまでの公式戦で出場機会がなかったヴィディッチは、18日にインテルを退団した。同選手にはMLS(メジャーリーグサッカー)に所属するクラブからも関心が寄せられていたが、プレミアリーグへ移籍する可能性が高いという。

 ヴィディッチの獲得に動き出したクラブはアストン・ヴィラ。今季のリーグ戦でわずか2勝と最下位に沈む同クラブは、失点数でもワースト3位タイの「38」を記録している。降格圏脱出に向けて、リーダーシップのとれるディフェンダーを望んでおり、ヴィディッチに白羽の矢を立てたようだ。

 現在34歳のヴィディッチは母国セルビアでプロキャリアをスタート。その後スパルタク・モスクワを経て、2006年1月にマンチェスター・Uに加入すると、プレミアリーグを5回、チャンピオンズリーグを1回制覇するなど、数々のタイトル獲得に貢献した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る