2016.01.21

途中出場の岡崎は無得点…レスターはFA杯敗退、トッテナムが4回戦へ

岡崎慎司
後半から出場した岡崎慎司(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FAカップ3回戦再試合が20日に行われ、日本代表FW岡崎慎司のレスターがトッテナムと対戦した。岡崎はベンチスタートだった。

 10日に行われた一戦では、岡崎が48分に2-1と勝ち越すゴールを決めたものの、終了間際にトッテナムに同点弾を許し、2-2の引き分けに終わった。同試合後、レスターは13日のプレミアリーグ第21節でもトッテナムと対戦し、1-0で勝利。16日の第22節ではアストン・ヴィラと1-1で引き分けた。

 最近11日間で3回目となるトッテナムとの一戦。レスターは4日前のアストン・ヴィラ戦から先発メンバーを9名入れ替えて臨んだ。対するトッテナムも、16日のサンダーランド戦からスタメンを9名入れ替え。韓国代表FWソン・フンミンが先発し、イングランド代表FWハリー・ケインはベンチスタートだった。

 立ち上がりから拮抗した展開となった。互いに決定機を生み出せないまま25分を経過。28分、ペナルティーエリア手前で得たFKをレスターのギョクハン・インレルが直接蹴り込んだが、シュートはGKの正面を突いた。対するトッテナムは35分、左サイドのベン・デイヴィスからのクロスにエリク・ラメラが反応してヘディングシュートを放ったものの、枠の上へ外れた。

 前半は比較的静かな内容だったが、39分にスコアが動く。先制したのはトッテナムだった。ペナルティーエリア右手前でパスを受けたソン・フンミンが縦へと持ち出し、右足を一閃。強烈な無回転シュートでニアサイドを射抜き、ゴールネットを揺らした。前半はトッテナムの1点リードで終了した。

 1点ビハインドで迎えた後半開始時から、レスターはダニー・ドリンクウォーターに代えて岡崎を投入。局面の打開を図る。すると53分、岡崎がペナルティーエリア手前でポストプレーをこなし、左サイドへと展開。デマライ・グレイがカットインから右足を振り抜いたが、枠を捉えたシュートはGKミシェル・フォルムの好守に阻まれた。

 後半立ち上がりの15分、レスターはトッテナムを押し込む時間が長くなったものの、同点ゴールを決めることはできなかった。劣勢を強いられたトッテナムは60分、ラメラに代えてケインを投入し、攻撃陣を活性化。ケインは出場直後の61分にペナルティーエリア内で強烈なシュートを放ち、早々に存在感を見せた。

 そして66分、次のゴールもトッテナムのものだった。左サイドでのパス交換からソン・フンミンが前を向いてボールを持つと、ペナルティーエリア左側へスルーパスを供給。走り込んでいたナセル・シャドリが決め、リードを2点に広げた。

 2点ビハインドを負ったレスターは、74分にジェイミー・ヴァーディを投入して反撃を期したが、最後までゴールを奪えなかった。試合は0-2で終了。レスターはトッテナムに敗れ、FAカップ3回戦敗退が決まった。

 3回戦を突破したトッテナムは、今月30日と31日に開催されるFAカップ4回戦で、フットボールリーグ1(3部)のコルチェスターと対戦する。なお、両チームの次戦は24日のプレミアリーグ第23節で、レスターはホームでストークと、トッテナムはアウェーでクリスタル・パレスとそれぞれ対戦する。

【スコア】
レスター 0-2 トッテナム

【スコア】
0-1 39分 ソン・フンミン(トッテナム)
0-2 66分 ナセル・シャドリ(トッテナム)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
Aマドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る