2016.01.18

クロップ監督、ダービーマッチでの敗戦を悔やむ…攻撃陣に不満も

クロップ
リヴァプールを率いるクロップ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 17日に行われたプレミアリーグ第22節で、リヴァプールはマンチェスター・Uと対戦し、0-1で敗れた。試合後、同クラブを率いるユルゲン・クロップ監督がコメントを残した。同クラブ公式HPが伝えている。

 イングランド代表FWウェイン・ルーニーにゴールを許し、“ナショナル・ダービー”で敗戦したリヴァプール。クロップ監督は、「ダービーマッチでやるべき唯一のことは勝つことだ。上手にプレーしたが結果には満足していない」と重要な一戦を落としたことを悔やんだ

 また、同監督は無得点に終わった攻撃陣に対し不満を吐露。「前半にも後半にもチャンスはたくさんあった」と決定力の無さを嘆き、「私が最後にボールをゴールに押し込むことはできないんだ」と選手たちの奮起を促した。

 それでもクロップ監督は、「たくさんの問題を抱えているけど、このチームには多くの有能な選手がいる」と今後の復調に自信をのぞかせた。

 リーグ戦22試合を終えて9位のリヴァプールは、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場圏内である4位との勝ち点差が「8」に広がった。今後の残りシーズンで巻き返すことができるのか注目が集まる。

欧州順位ランキング

マンチェスター・C
18pt
トッテナム
14pt
エヴァートン
14pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
15pt
ドルトムント
12pt
ライプツィヒ
12pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
14pt
バルセロナ
13pt
アトレティコ・マドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
14pt
インテル
11pt
欧州順位をもっと見る