2016.01.14

2得点のルーニー、終了間際の失点を悔やむ「我々の甘さが招いた」

ニューカッスル戦のドローを悔やむルーニー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーは、チームが攻守のバランスをもっと取り戻す必要性があると訴えている。13日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 12日に行われたプレミアリーグ第21節のニューカッスル戦で、マンチェスター・Uは1点をリードしていたものの、試合終了間際に追いつかれて結局3-3でドロー。公式戦3連勝を逃した。

 クラブ公式チャンネル『MUTV』のインタビューで、同試合で2ゴール1アシストと活躍した主将のルーニーは「3点目を奪ったあとに、同点ゴールを奪い返されたことにはがっかりした。我々の甘さが招いたもったいない失点だったね。これで勝ち点2を失うこととなったのでとても残念だ。どんな相手でも3失点もするべきではない。失点のリスクを回避しながら、チャンスを多く作っていく必要がある」と同試合を振り返り、ドローに終わったことを悔しがった。

 さらに、「望んだ分だけ多くのゴールを奪うことはできるかもしれない。だが、その分失点し続けるのだったらそれも問題だ。我々は正しいバランスを取り戻さなければならない。チャンスを作ってゴールを奪うと同時に、奪われることを防がないといけない」と話し、攻守のバランスが重要だと強調した。

 マンチェスター・Uは次節、17日にリヴァプールと敵地で対戦する。

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
88pt
ローマ
84pt
ナポリ
83pt
欧州順位をもっと見る