2016.01.12

クロップ監督、元ミランFWパト獲得の噂を否定「彼の去就を追う必要ない」

昨年はサンパウロでプレーしていたパト(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コリンチャンスに所属するブラジル人FWアレシャンドレ・パトが今冬の移籍市場でリヴァプールへ移籍する可能性について、リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督がコメントした。11日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 現在26歳のパトは、2013年1月にミランから1500万ユーロ(約20億円)の移籍金でコリンチャンスに加入したが、低調なパフォーマンスに終始。2014年2月にサンパウロへレンタル移籍すると、昨季は公式戦47試合出場で15得点を記録した。昨年12月にコリンチャンスに復帰していた。

 昨年11月ごろにも報じられていたが、イタリア人記者のアルフレッド・ペドゥーラ氏によると、リヴァプールはパト獲得に向けて、1200万ポンド(約20億5000万円)準備しているという。また、同選手もプレミアリーグ挑戦への意向を示していた。

 しかしながら、クロップ監督は、「個人的なアドバイスだが、パトの去就を追いかける必要はもうないよ」と、移籍の可能性が低いことを示唆した。

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る