2016.01.11

トッテナム指揮官が痛恨のミス?…「クラブはケイン売却を望んでいる」

ケイン
トッテナムに所属するFWハリー・ケイン [写真]=Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、記者会見で誤って「クラブはハリー・ケインの売却を望んでいる」と発言してしまった。イギリス紙『Evening Standard』が伝えている。

 現在レアル・マドリードから興味を示されているというイングランド代表FWハリー・ケイン。メディアは生え抜きであるスターが退団するかもしれないという噂を報じている。

 ポチェッティーノ監督は、10日に行われたレスターとのFAカップに向けた記者会見でこれらの噂についての質問に答えていた。

 ところが、コメントの中で「Don’t」を言い忘れたことによって間違ったニュアンスになってしまったのだ。

「時に監督は、誰かを売るつもりはないと言う。その選手は売り物ではないと。しかし、もし選手がチームを離れることを求めてしまえば、多くの場合そのようなこと(移籍)が起こってしまうものだ」

「今回の場合、ポジティブなのはトッテナムが彼(ケイン)の売却を望んでいるという点だ」

 この発言の誤りを通訳に指摘された指揮官は、「Want? Don’t want? すまない、英語を間違えた。彼を売りたくないと言うことだ。Don’tだよ! ハリー・ケインは我々のところに残りたがっている」と慌てて訂正したという。

 アルゼンチン人のポチェッティーノ監督はイングランドで長く仕事をしているが、それでもやはり英語でのコミュニケーションは完璧とは言えないようだ。外国で監督をすることの難しさを感じさせる出来事である。

(記事提供:Qoly)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る