2016.01.11

乾、リーガ初弾の先制点&PK獲得で2点に絡む貢献…エイバルが3連勝

サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第19節が10日に行われ、MF乾貴士の所属するエイバルとエスパニョールが対戦した。

 年末年始の連戦で2連勝を収め、10位から8位まで浮上し、勢いを取り戻しつつあるエイバル。今節は、ここ2試合白星のない12位エスパニョールをホームに迎えて3連勝を狙う。乾は左サイドハーフに入り2試合連続で先発出場となった。

 試合は開始15分、エイバルの先制で動く。乾が左サイドからドリブルを開始。ペナルティエリア内左に侵入して思い切り良く右足を振り抜くと、豪快なシュートはカーブを描きゴール右上隅に突き刺さった。乾の移籍後&リーガ初ゴールで、エイバルがリードを獲得した。しかし22分、エスパニョールも反撃に出る。エリア手前左のジョアン・ジョルダンがキックフェイントで相手選手を1人かわして左足シュート。DFに当たりコースが代わり、ゴール左隅に決まった。前半は1-1で折り返す。

 後半に入ってエイバルが主導権を握る。66分、エリア内右に抜け出した乾が、深い位置から中央に折り返し。相手DFにブロックされると、こぼれ球に反応したセルジ・エンリクがシュートを放つが、わずかに枠の左に外れた。すると73分、乾がエリア内左で切り返した後に倒されてPKを獲得。74分にキッカーを務めたボルハ・バストンがゴール左に蹴り込み、勝ち越しに成功した。

 その後も攻勢を続けるエイバルは後半アディショナルタイム、サウール・ベルホンの浮き球パスに反応した乾がエリア内中央でヘディングシュートを放つが、相手GKセーブされた。

 試合はこのまま終了し、エイバルがホームで2-1の勝利を収め、リーグ戦3連勝となった。積極的なプレーを見せた乾は、先制点と勝ち越しに繋がるPKを獲得。フル出場で2点に絡む活躍で勝利に貢献した。

 エイバルは、13日に行われるコパ・デル・レイ5回戦セカンドレグでラス・パルマスと、18日に行われる次節でグラナダと対戦。エスパニョールは、13日に同セカンドレグでバルセロナと、17日に次節でヘタフェと対戦する。

【スコア】
エイバル 2-1 エスパニョール

【得点者】
1-0 15分 乾貴士(エイバル)
1-1 22分 ジョアン・ジョルダン(エスパニョール)
2-1 74分 ボルハ・バストン(PK)(エイバル)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る