サッカーゲームキングジャック6月号
2015.12.30

レスターとマンCの上位対決はスコアレスドロー、岡崎は4戦ぶりの出番なし

ヴァーディ
マンCのオタメンディ(左)とレスターのヴァーディ(右) [写真]=Leicester City FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第19節が29日に行われ、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターとマンチェスター・Cが対戦した。

 前節終了時に首位のレスターがホームに同3位のマンチェスター・Cを迎えての上位対決となった。レスターは、前節のリヴァプール戦(0-1)で11試合ぶりに敗れ、今シーズン2敗目を喫した。年内最終戦の今節で白星を収め、好調をキープしたまま首位での年越しを狙う。対してマンCは、前節のサンダーランド戦で4-1の快勝。今節勝利すればレスターと勝ち点「38」で並び、得失点差で上回るため、勝利で2015年を締めくくりたいところ。

 レスターの先発メンバーは、15ゴールで得点ランクトップにつけるFWジェイミー・ヴァーディが1トップ。1枚増やした中盤には13ゴールのMFリヤド・マフレズ、負傷から復帰したMFダニー・ドリンクウォーターらが名を連ねた。岡崎は3試合ぶりにベンチスタートとなった。一方のマンCは、FWセルヒオ・アグエロ、MFダビド・シルバ、MFラヒーム・スターリングらがスタメン入り。前節の復帰戦で再びふくらはぎを負傷したキャプテンのDFヴァンサン・コンパニは欠場となった。

 試合は、マンCがボールを支配する一方で、レスターはカウンターから得点を狙う。マンCは18分、バカリ・サニャのパスでエリア内左に抜け出したスターリングが、マイナスのパスを送る。走り上がってきたケヴィン・デ・ブライネがダイレクトで右足を振り抜くが、シュートはGKカスパー・シュマイケルに弾き返された。さらにスターリングが、27分にエリア内右で胸トラップから右足シュート、32分にもエリア内左からシュートを放つが、どちらもGKシュマイケルに阻まれた。

 レスターは40分、立て続けに決定的なチャンスを迎える。左サイドのクリスティアン・フクスが鋭いクロスを供給。ボールは相手のGKとDFの間を突いてファーサイドに流れると、フリーのマーク・オルブライトンが滑り込みながら右足で合わせるが、シュートは枠を捉えられない。さらにその直後、高い位置でフェルナンジーニョからボールを奪ったドリンクウォーターが前線にスルーパス。反応したヴァーディがエリア内中央で右足シュートを放つが、クロスバー上に外れた。前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入って54分、レスターはエンゴロ・カンテがエリア手前中央で右足を振り抜くが、ミドルシュートはわずかに枠の右に外れる。さらに60分、マフレズのスルーパスでエリア内右に抜け出したオルブライトンが、右足シュートを放つが、枠の左に逸れた。なかなか得点が生まれない中、両チームは選手交代から得点を狙う。マンCは64分、アグエロに代えてウィルフリード・ボニーを投入。レスターは67分にギョクハン・インレルを下げて、レオナルド・ウジョアを送り出し、トップを1枚増やした。

 レスターは71分、エリア内左に抜け出したヴァーディが、左足シュートを放つが、GKジョー・ハートにセーブされる。なかなかチャンスを作れないマンCは73分にシルバに代えてヘスス・ナバスを投入。77分、エリア手前右でFKを獲得したレスターは、フクスが左足で強烈なシュートを放つが、これもGKハートに阻まれた。

 試合はこのままタイムアップを迎え、レスターとマンCの上位対決はスコアレスドローで終わった。レスターは勝ち点を「39」に伸ばし、今節勝利したアーセナルと並ぶが、得失点差で2位に。マンCは勝ち点「36」で3位をキープした。なお、岡崎は4試合ぶりに出番なしだった。

 レスターは次節、来年1月2日にホームでボーンマスと対戦。マンチェスター・Cは同日にワトフォードとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
レスター 0-0 マンチェスター・C

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る