2015.12.28

不振続くファルカオ、後半戦での巻き返しに自信「最後には成功している」

チェルシーに所属するFWファルカオ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 モナコからのレンタル移籍で現在チェルシーに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが今夏の移籍と現在の心境について語った。27日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 現在29歳のファルカオは、昨シーズンマンチェスター・Uでプレーするも、プレミアリーグ26試合に出場し、わずか4ゴール。今夏チェルシーに加入したが、負傷の影響もあり、公式戦11試合の出場で1得点と不振にあえいでいる。

 ファルカオは、昨シーズンを振り返り、「マンチェスター・Uでは学びの時を迎えていた。出場時間をコンスタントに得られなかったが、僕を成長させてくれたんだ」と、学ぶことがあったと話した。また、チェルシーに加入した際のことに言及し、「チェルシーは僕を信頼して、門戸を開いてくれたんだ」と感謝のコメントをした。

 現在の状況について、「チームは良くないスタートを切って、僕も出場機会を思うように得られていないから、今は難しい状況にあるよ」と話し、チームとしても個人としても苦しい時期を迎えていると認めた。

 しかしながら、「だけど、僕はチェルシーにとても感謝している。シーズン後半ではチャンスが来るだろうし、最後には成功している自信もあるよ」と、残りのシーズンでの巻き返しを強調した。

 一方で、ファルカオは冬の移籍市場で再び移籍するとも報じられており、フィオレンティーナや古巣のポルトなどのチーム名が挙がっている。

欧州順位ランキング

チェルシー
75pt
トッテナム
71pt
リヴァプール
66pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ライプツィヒ
62pt
ドルトムント
56pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
75pt
レアル・マドリード
75pt
アトレティコ・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
83pt
ローマ
75pt
ナポリ
71pt
欧州順位をもっと見る