2015.12.27

チェルシーMFウィリアン、新監督初陣はドローも「トップ4を狙う」

ウィリアン
ワトフォード戦に出場したチェルシーMFウィリアン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フース・ヒディンク新監督を迎えて26日にプレミアリーグ第18節のワトフォード戦に臨んだチェルシーは2-2の引き分けで試合を終えた。今シーズン不調のチームの中で好調を維持するブラジル代表MFウィリアンのコメントを、試合後にクラブ公式サイトが伝えている。

 チェルシーはウィリアンのCKからFWジエゴ・コスタのゴールで先制すると、一時逆転を許したものの、再びウィリアンのチャンスメークからD・コスタが同点ゴールをマーク。終盤には同選手が獲得したPKをMFオスカルが外してしまい勝利を逃したが、ウィリアンは好パフォーマンスを披露した。

「勝利に値する内容だった」と振り返ったウィリアンは、「いい内容だった。(PKを失敗した)オスカルは残念だったね。運がなかった。でもこの姿勢は崩さない。次の試合でも勝利を目指す」と、試合内容には満足感を示し、次戦に向けて気持ちを切り替えた。

 そしてヒディンク新監督については、「アンジ(・マハチカラ)の頃も(ヒディンクと)一緒だった。人しても監督としても素晴らしい。しっかりと彼の指導を受け止めなければならない」と称賛と信頼を口にすると、「困難な状況だけど、勝利を重ねてトップ4を狙わないとね」とチャンピオンズリーグ出場権内のトップ4を狙うと誓った。

 チェルシーは28日、敵地でマンチェスター・Uと対戦する。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る