EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2015.12.26

2015年を振り返るアーセナル指揮官「正しい道を歩んでいる」

ヴェンゲル
アーセナルを率いるヴェンゲル監督 [写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は2015年のチームのパフォーマンスを満足とともに振り返ると、優勝争いに向けた意気込みを語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が24日付で報じている。

 プレミアリーグ第17節を終えた時点で、首位レスターと勝ち点差「2」のリーグ2位につけているアーセナル。21日に行われた第17節では3位マンチェスター・Cを2-1で下し、12年ぶりのリーグ制覇に期待がかかっている。

 優勝の可能性について尋ねられたヴェンゲル監督は、「我々はここ数年間でも何度か首位に立ったことがあるが、サッカーでは実際に何が起こるかわからない。次の17試合でどんな展開になるかを予想できる者はいないだろう。我々は変わらぬ姿勢とスピリットで挑み続けなければならない」と語り、優勝の可能性について慎重な姿勢を貫いた。

 また、2015年のアーセナルを総括して、「2015年を振り返って言えることは、我々は一貫したパフォーマンスを見せてきたということだ。今年は守備が改善し、強豪クラブとの戦績もよく、ポジティブな年だった。我々は正しい道を歩んでいるように思う」と肯定的に振り返っている。

 優勝争いについては、「長年この仕事をしているが、どのチームがリーグ制覇するかどうか予想することはできない。地に足をつけ、目の前の試合で勝利をあげることやパフォーマンスを向上させることに集中しなければならない。長い道程を歩んできた者にのみ目標を達成するチャンスが与えられるものだ」とコメントした。

 アーセナルは26日、リーグ戦第18節で日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと敵地で対戦する。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る