2015.12.09

マンUがネイマール獲得を狙う…移籍金は史上最高額の約266億円か

ネイマール
バルセロナでプレーするネイマール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uがバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールを獲得するために1億4390万ポンド(約266億円)の移籍金を準備しているようだ。スペインメディアの『Fichajes』が報じ、イギリス紙『デイリースター』が8日付で伝えている。

 バロンドール最終候補の3人に選ばれ、世界最高峰の選手へと上り詰めつつあるネイマール。マンチェスター・Uは同選手の獲得のために1億4390万ポンドというサッカー史上最高額の移籍金を準備しているという。

 現時点での史上最高額の移籍金は2013年にトッテナムからレアル・マドリードに加入したウェールズ代表MFギャレス・ベイルの8600万ポンド(約159億円)であることを考えると、ネイマールの移籍金は天文学的な金額である。マンチェスター・Uはルイ・ファン・ハール監督に2億ポンド(約370億円)の補強資金を用意しているとされているが、ネイマールを獲得する場合はそのほとんどがネイマールの移籍金に費やされることになる模様だ。

 元バルセロナ会長のジョアン・ラポルタ氏は、「今のバルセロナの財政状況は良くない。帳尻を合わせるためには主力選手を放出するか、資産を売却するしかない。ベストな解決策は主力選手を放出することだと思う。マンチェスター・Uにも移籍に関する提案が出ているようだ。これらの話は全て現会長による経営の失敗に起因している」と語り、ネイマール放出の可能性をほのめかしている。

 他方で、11月30日に行われたスペインプロリーグ機構による年間アワードの表彰式後、ネイマールの父親のネイマール・シニア氏は「彼(ネイマール)はまだバルセロナとの契約を3年残している。だから急ぐ必要はないし、焦ってもいない。ネイマールがバルセロナで長い時間を過ごすだろうと確信しているよ。彼はバルセロナで満足しているし、変化を求める必要も感じていない」と話し、移籍の可能性を否定していた。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る