EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2015.09.27

マンCが2連敗で首位陥落…トッテナム、ケイン初得点など4発快勝

ケイン
マンC戦で今シーズン初得点を決めて喜ぶトッテナムFWケイン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第7節が26日に行われ、トッテナムとマンチェスター・Cが対戦した。

 2連勝中のトッテナムが、前節で今シーズン初黒星を喫したマンチェスター・Cをホームのホワイト・ハート・レーンに迎えての一戦となった。

 先制したのはアウェーのマンチェスター・Cだった。25分、カウンターから、ヤヤ・トゥーレが自陣エリア前からドリブルで持ち上がり、敵陣中央でスルーパス。これに反応したケヴィン・デ・ブライネが、ペナルティエリア内右に抜け出し、右足でダイレクトシュートを放つと、ゴール左隅に決まった。

 先制点を許したトッテナムだが、前半の内に追いつく。45分、相手選手のクリアボールに反応したエリック・ダイアーが、エリア前中央で右足を振り抜くと、地を這う正確なシュートはゴール左隅に突き刺さった。前半は1-1で折り返す。

 後半に入って50分、右サイドでFKを獲得したトッテナムは、エリク・ラメラからのボールに、ニアサイドのトビー・アルデルヴァイレルトが頭で合わせる。わずかに飛び出したGKウィリー・カバジェロは反応できず、シュートはゴール右隅に決まった。

 さらにトッテナムは、逆転に成功した勢いをそのままにリードを広げる。61分、エリア前中央で獲得したFKで、クリスティアン・エリクセンが直接狙う。シュートはクロスバーに弾き返されるも、エリア内中央にいたハリー・ケインがこぼれ球をダイレクトで押し込み、ゴールネットを揺らした。

 ケインの今シーズン初得点でリードを2点に広げたトッテナムは、79分に追加点を奪い、試合を決定づける。右サイドを突破したクリントン・エンジがクロスを供給。それに反応したラメラがエリア内中央でボールを収めると、飛び出したカバジェロをかわして、左足シュートを押し込み、ゴール獲得した。ラメラも今シーズンのリーグ戦で初得点となった。

 マンチェスター・Cの反撃は実らず、このままタイムアップ。トッテナムが4-1で勝利を収め、3連勝となった。一方のマンチェスター・Cは2連敗で、首位の座もマンチェスター・Uに明け渡している。

 トッテナムは次節、10月4日にスウォンジーとアウェーで対戦。マンチェスター・Cは、同月3日にニューカッスルをホームに迎える。

【スコア】
トッテナム 4-1 マンチェスター・C

【得点者】
0-1 25分 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)
1-1 45分 エリック・ダイアー(トッテナム)
2-1 50分 トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム)
3-1 61分 ハリー・ケイン(トッテナム)
4-1 79分 エリク・ラメラ(トッテナム)

Pickup

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る