サッカーゲームキングジャック6月号
2015.05.10

モウリーニョ監督、ジェラードへ愛情の詰まった惜別のメッセージを送る

モウリーニョ
モウリーニョ監督はジェラードへの惜別と最大の賛辞を送った [写真]=Getty Images

 チェルシーの指揮官、ジョゼ・モウリーニョがリヴァプールのMFスティーヴン・ジェラードに対して最大級の賛辞を送った。

 今シーズン限りでリヴァプールを退団することが決まっているジェラード。“プレミアリーグのレジェンド”というべき元イングランド代表は現地時間の日曜日にリーグ制覇を決めたチェルシーと対戦する。

 試合を前にモウリーニョはジェラードに対して粋な形で賛辞を送った。『Mirror』に掲載されたモウリーニョのコメントを紹介する。

ジョゼ・モウリーニョ:

「私は多くの選手たちや最高の対戦相手から学んできた。スティーヴン・ジェラードは間違いなく私の“お気に入りの対戦相手”の1人であり、私にとって“親愛なる敵”。私をマネージャーとして成長させてくれた1人だ」

「彼を止めること、彼を止めようとすることは、本当に本当に難しいことだ。私は彼に敗れ、彼に勝利し、彼と引き分けた。彼と対戦するのが最後になることがとてもに寂しいよ。私をコーチとして成長させてくれる彼のような選手が必要なんだ」

「彼がプレミアリーグを去るのは悲しい。同じことはフランク・ランパードにも言える。だが、フランクはチェルシーのレジェンドであり、状況が異なる。何故ならスティーヴンは常に相手チームだったからだ」

「私はジェラードをチェルシーに連れてこようとした。インテルに連れてこようとしたし、レアル・マドリードにも連れてこようとした。しかし、彼は常に私の前に立ちはだかる存在であることを選んだ。私は彼を賞賛したいし、スタンフォード・ブリッジが同じ気持ちであることを望んでいる」

「チェルシーで最初にジェラードを獲得しようとした時は合意目前だった。しかし、彼は私に“赤いハート”を持っていると言ったんだ。それは難しかったよ。彼はフットボールの理由として、移籍を望んでいたが、彼はできなかったんだ。とても素晴らしいね」

「彼は周りの仲間と素晴らしいキャリアを過ごした。彼は他のビッグクラブや他のリーグでプレーすることを拒否し、リヴァプールのためだけにプレーした。お互いに忘れない感情になるだろう。いつの日かスティーヴンがリヴァプールの指揮官として私と戦うことを誰が知っていようか」

 第1次チェルシー、インテル、レアル・マドリードと3つのクラブで獲得を目指したことを明かしたモウリーニョ。それだけでも充分にジェラードを賞賛する言葉だが、モウリーニョを成長させてくれたのが、対戦相手としてのジェラードだという言葉は非常に奥が深い。

 なぜならモウリーニョが3つのクラブで成し遂げた功績を思い出して欲しい。彼はジェラードを獲得できなくても全てのクラブで結果を残したのである。大きな結果を残しているからこそ、説得力があり、賞賛の思いを強く感じることができるのではないだろうか。

 なお、『Mirror』ではジェラードのチェルシー戦での記録を紹介している。これまでに49試合に出場し、11勝20分18敗。得点は1ゴールだ。日曜日、この記録がどう変わるのか。ぜひ注目して欲しい。

(記事提供:Qoly)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る