サッカーゲームキングジャック6月号
2014.12.25

英紙が2014年度のプレミアベスト11を発表…マンCとチェルシーが最多

454018152
左からデ・ヘア,クライン,テリー,コンパニ,べインズ,スターリング,マティッチ,シルバ,アザール,アグエロ,ボニー [写真]=Getty Images

 イギリス紙『エクスプレス』が2014年度のプレミアリーグ、ベストイレブンを選出し25日に発表した。

 GKにはマンチェスター・Uに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが選出。同紙は「マンチェスター・Uで最も一貫したプレーをした選手で、2013-14シーズンは、選手やファンの投票でクラブのMVPに選ばれていた」とコメントしている。

 右SBにはサウサンプトンに所属するイングランド代表DFナサニエル・クラインが選ばれ、「サウサンプトンで驚くべき調子をみせ、その素晴らしいパフォーマンスでイングランド代表にも選ばれた」と評されている。また、エヴァートンに所属するイングランド代表DFレイトン・べインズが左SBに選ばれ「他のウィングバックの選手がお手本にすべき選手」との評価を受けている。

 CBのコンビは、「34歳にして進化を続けている」と評されたチェルシーのキャプテンを務める元イングランド代表DFジョン・テリーと、「プロ意識と決断力でチームを率いている」との評価でマンチェスター・Cのキャプテンを務めるベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが選ばれた。

 MFにはリヴァプールのイングランド代表MFラヒーム・スターリング、マンチェスター・Cのスペイン代表MFダビド・シルバ、そしてチェルシーに所属するセルビア代表MFネマニャ・マティッチとベルギー代表MFエデン・アザールの4選手が入っている。

 同紙は、スターリングに「20歳になったばかりだが成熟したプレーをみせ、リヴァプールのタイトル争いに貢献。ブラジル・ワールドカップでもイングランドのベストプレイヤーだった」とコメントし、シルバは「マンチェスター・Cの中盤において堅固な中心選手。多くのアシストとゴールでタイトル獲得に貢献した」と評している。

 また、マティッチには「モウリーニョ監督が気に入っているチェルシーの用心棒。彼のおかげで他の選手が自由になる」とコメントし、アザールは「ダイナミックで、エネルギッシュ、なおかつ確固としたパフォーマンスはベストイレブンに値する」と評価している。

 最後に、2トップの1人はマンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ。同紙はアグエロに対し「豪華なメンバーがいるにも関わらず、マンチェスター・Cをワンマンチームと言わしめる選手。たしかにアグエロはどのチームメイトよりも優れており、またタイトルに導いてくれるだろう」とコメントし称賛した。

 そしてアグエロとコンビを組むのは、スウォンジー所属のコートジボワール代表FWウィルフリード・ボニーが選出され、同紙は「ルイス・スアレスがバルセロナに去った今、ベストイレブンにはボニーが入る。今年度はプレミアリーグでどの選手よりもゴールを決めている(21ゴール、アグエロは18ゴール)」と説明している。

■『エクスプレス』紙による2014年度のプレミアリーグ・ベストイレブン

▼GK
ダビド・デ・ヘア(スペイン代表/マンチェスター・U)

▼DF
ナサニエル・クライン(イングランド代表/サウサンプトン)
ジョン・テリー(元イングランド代表/チェルシー)
ヴァンサン・コンパニ(ベルギー代表/マンチェスター・C)
レイトン・べインズ(イングランド代表/エヴァートン)

▼MF
ラヒーム・スターリング(イングランド代表/リヴァプール)
ネマニャ・マティッチ(セルビア代表/チェルシー)
ダビド・シルバ(スペイン代表/マンチェスター・C)
エデン・アザール(ベルギー代表/チェルシー)

▼FW
セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン代表/マンチェスター・C)
ウィルフリード・ボニー(コートジボワール代表/スウォンジー)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る