2014.11.11

ドルトムント、ロイスの後釜にチェルシーMFシュールレを希望か

ロイス
ドルトムントがロイス(左)の後釜にシュールレ(右)を希望か [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントが、ドイツ代表MFマルコ・ロイスの移籍に備え、同選手の後釜としてチェルシーの同代表MFアンドレ・シュールレの獲得を望んでいる。ドイツ紙『ビルト』が9日に報じた。

 同紙は、来夏の移籍市場において最も大きな話題がロイスの去就であるとしたうえで、同選手がバイエルンや国外のクラブに移籍する可能性があると報道。そしてドルトムントがロイスの移籍に備え、シュールレの獲得を希望していると報じた。

 チェルシー加入2年目のシュールレは、同クラブと2018年まで契約を残している。しかし同選手は今シーズン、プレミアリーグで11試合中4試合の先発出場にとどまっている。8日に行われたプレミアリーグ第11節リヴァプール戦ではベンチ入りメンバーからも外れ、報道では同選手がジョゼ・モウリーニョ監督の構想から外れていると伝えられた。

 同紙は、ドルトムントのスカウト陣が欧州各国を飛び回って選手の視察を行っている中で、シュールレの名前がリストに載っていると伝えた。

 シュールレは1990年生まれの24歳。マインツの下部組織出身で、2011年夏にレヴァークーゼンに移籍した。そして昨年6月、チェルシーへの移籍が決定。同クラブで2シーズン目を迎えている。ドイツ代表にも名を連ね、今年6月のブラジル・ワールドカップにも出場。6試合に出場して3得点を挙げ、優勝に貢献した。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る