2014.11.10

G・ネヴィル、ノエル・ギャラガーのサイン入った “噂のギター”を公開

452778577
ノエル・ギャラガー(左)のサイン入りギターを公開したG・ネヴィル(右) [写真]=Getty Images

 元マンチェスター・UのDFで、現在は解説者として活躍するギャリー・ネヴィル氏が、“噂のギター”を自身のツイッターアカウント(@GNev2)で公開して、話題を集めている。

 きっかけは、先日行われた“マンチェスター・ダービー”の直前にイギリスメディア『スカイスポーツ』で行われた企画だった。ユナイテッドひと筋だった元キャプテンは、元オアシスのギタリストであり、現在はソロプロジェクトで活躍する一方で、“世界一有名なマンチェスター・C・サポーター”としても有名なノエル・ギャラガー氏と対談を行った。

 大いに盛り上がった対談から1週間後、ネヴィル氏はツイッター上にある写真をアップ。それは、現役時代から「大のオアシス好き」を公言しており、趣味で自らも演奏していたネヴィル氏が、かつてノエル氏にサインを頼んだというギターだった。ただし、「親愛なるギャリーへ」と題されたノエル氏からのメッセージは、なんとも刺激的な内容だった。

「あんたはイングランド代表のためになんて多くのキャップを獲得したのだろう!そんなに多くに値したかい? あんたに言いたい。そんなわけねーだろ!!愛をこめて。ノエル・ギャラガー」

 上記はギター裏面に書かれたメッセージ。加えて、ユニオンジャックが描かれた表面にも、ノエル氏はご丁寧に「M.C.F.C.」と愛するクラブの名前を 4カ所も書き込んでいる。

 今回の対談を受け、かねてからタブロイド紙で噂になっていたサイン入りの愛器を「見せてほしい」という声が多く寄せられたため、ネヴィル氏は初公開したという。「こうなることを予想しておくべきだった」と後悔を語ったネヴィルだが、写真を見る限り、超プレミアが付きそうなこの逸品ギターは今も大切に保管されているようだ。

 また、ノエル氏にしても、過去に同じくオアシス好きのウェイン・ルーニーに対しても似たような“攻撃”を仕掛けた過去がある。サインを入れて欲しいと送られてきたルーニーのギターを勝手にシティ・カラーの水色に塗り替え、シティ・ファンのアンセムである『ブルームーン』の歌詞を書き記して送り返したことがあるのだ。

 大人気ないような気もするが、ノエル・ギャラガー氏のシティ愛は、フットボール界のスーパースターたちを相手にしても決してブレないということだろう。宿敵マンチェスター・Uの選手に対する“イタズラ”は、これからもきっと続いていくはずだ。

(記事/Footmedia)

欧州順位ランキング

チェルシー
9pt
マンチェスターU
9pt
エバートン
7pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ウォルフスブルク
3pt
ケルン
3pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
6pt
デポルティボ
4pt
レガネス
4pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
6pt
ナポリ
4pt
ローマ
3pt
欧州順位をもっと見る