2014.08.13

フェライニが劇的決勝弾、マンUがバレンシア撃破…香川は途中出場

フェライニ
決勝点を挙げたフェライニ(中央) [写真]=Man Utd via Getty Images

 プレシーズンマッチが12日に行われ、日本代表MF香川真司のマンチェスター・Uとバレンシアが対戦。香川はベンチスタートだった。

 マンチェスター・Uは、3-5-2のシステムを採用。ウェイン・ルーニーとハビエル・エルナンデスが前線に並び、トップ下にはフアン・マタが入った。

 マンチェスター・Uは33分、ルーニーがペナルティーエリア内での競り合いでPKを獲得。自らキッカーを務めてゴールを狙ったが、シュートはGKジエゴ・アウヴェスに弾き出され、先制点は生まれなかった。前半はスコアレスで終了した。

 ハーフタイムに選手交代を行わなかったマンチェスター・Uは、49分に先制。アシュリー・ヤングの蹴った左CKから、最後はダレン・フレッチャーがゴールを決めた。そして62分、ルイス・ファン・ハール監督は4選手を交代。香川とトム・クレヴァリー、ジェシー・リンガード、マイケル・キーンを投入し、マタとフレッチャー、ヤング、クリス・スモーリングが退いた。香川はトップ下の位置に入った。

 バレンシアは71分に同点に追いつく。右サイドで得たFKをゴール前に蹴り込むと、クレヴァリーのクリアが背後へ流れ、ロドリゴが押し込んだ。1-1となり、マンチェスター・Uは76分にマルアン・フェライニとアドナン・ヤヌザイを投入。そして、90分に勝ち越し弾が生まれた。左サイドからのアーリークロスに対して、GKとセビージャDFが重なる形でボールに触れず、背後で待っていたフェライニがボールを収めると、難なくゴールへ流し込んだ。

 試合は2-1で終了。終了間際にフェライニが決勝弾を記録したマンチェスター・Uが、バレンシアに競り勝った。香川はボールに触る回数が少なく、得点には絡めなかった。

【スコア】
マンチェスター・U 2-1 バレンシア

【得点者】
1-0 49分 フレッチャー(マンチェスター・U)
1-1 71分 ロドリゴ(バレンシア)
2-1 90分 フェライニ(マンチェスター・U)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る