2014.07.19

墜落したマレーシア航空機にニューカッスルファン2名…クラブが哀悼

ニューカッスル
ニューカッスルは、犠牲となった2名のためにスタジアムの1部を解放している [写真]=Getty Images

 17日に、アムステルダムからクアラルンプールに飛行中のマレーシア航空機MH17が、ロシア国境近くのウクライナ東部ドネツク近郊で墜落し、乗員乗客298名の全員が亡くなった。乗客には、プレシーズンツアーを観戦するためにニュージーランドヘ渡航中の有名ニューカッスルサポーター2名も含まれていた。ニューカッスルが哀悼の意をクラブ公式サイトで示している。


 同クラブによると、この事件で亡くなったのは、熱狂的なニューカッスルファンのジョン・アルダー氏とリアム・スウィーニー氏で、一緒に同クラブの試合を観戦するためにニュージーランドへ渡航中だった。2人は以前から、アウェイゲームも必ず観戦しに来ており、リザーブチームやユースチームの試合なども観戦していた。アルダー氏は生まれた時から約50年近く、同クラブのサポーターで、今まで1試合しか見逃していないという。一方、スウィーニー氏はアウェイゲームで、サポーターのバスの世話係として多くのファンの間で有名だった。

 ニューカッスルのディレクターを務めるリー・チャーンリー氏は、哀悼の意を声明で以下のように掲載している。

「ジョンとリアムが亡くなったというニュースには、とても落胆しています。2人は献身的なサポーターで、多くのファンやスタッフのあいだでも有名でした」

「ニューカッスルの全ての人を代表して、ジョンとリアムの家族と友人たちに、心からお悔やみ申し上げます」

「監督と選手達は喪章をつけて、ニュージーランドでのシドニーFCとウェリングトン・フェニックスの対戦に臨みます。彼らへの敬意を払いマンチェスター・シティとのプレミアリーグ開幕戦で追悼を行う予定です」

 同チームを率いているアラン・パーデュー監督も以下のように語っている。

「恐ろしいニュースを聞き、私自身や、選手たちは皆、深くショックと悲しみを受けた。ジョンとリアムがどれほど情熱をもってチームとクラブをサポートしていたか知っている。今週はじめには、プレシーズンでの最初の試合だったオールダム戦で彼らを見かけたんだ。彼らがニュージーランドまで長い道のりをかけてサポートしに来てくれていたことは、ニューカッスルに対する情熱の証だ。私たちの心は彼らの家族と友人たちと共にある」

 同事件に関して、アメリカのオバマ大統領は18日に、ウクライナの親ロシア派が支配する地域からミサイルが発射され、同機が撃墜されたとする声明を発表している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
37pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング