2014.03.22

ヴェンゲルがアーセナル指揮1000試合目へ…相手は相性悪いチェルシー

ヴェンゲル
1000試合目記念のトロフィーを受け取るヴェンゲル監督(中央)とアーセナルのケズウィック会長(右)、ガジディスCEO(左) [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 FW宮市亮の所属するアーセナルは22日、プレミアリーグ第31節でチェルシーとアウェーで対戦する。

 同試合でアーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、チームを指揮して公式戦通算1000試合目を迎える。クラブはその記念として、ヴェンゲル監督に特別賞を贈呈した。クラブ公式HPが伝えた。

 ヴェンゲル監督は1996年10月にアーセナルの指揮官に就任。現在、18シーズン目を迎えている。これまで、アーセナルではプレミアリーグを3度、FAカップを4度、コミュニティーシールドを4度制覇。2003-04シーズンにはリーグ戦無敗優勝を達成している。

 記念すべき1000試合目の対戦相手は、ジョゼ・モウリーニョ監督が指揮するチェルシーだが、イギリス紙『デイリーメール』はモウリーニョ監督との相性の悪さを指摘。モウリーニョ監督が率いるチェルシーにアーセナルは、過去10度対戦して勝利なし。さらに、モウリーニョ監督は、チェルシーを指揮してのプレミアリーグでホームゲーム75試合負けなしとなっている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る