2012.12.04

アーセナル、冬の移籍市場トップターゲットにフンテラールか

今年、アーセナルと対戦した2試合で得点を記録しているフンテラール(上)

 以前からシャルケのオランダ代表FWクラース・ヤン・フンテラールへの関心が噂されていたアーセナルだが、やはり同選手は冬の移籍市場トップターゲットとなるようだ。アーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督は同選手獲得に600万ポンド(日本円約7億8000万)程度の用意があるとみられている。イギリス紙『ミラー』が報じている。

 アーセナルではジェルビーニョがアフリカ・ネーションズカップ2013に参加するため戦列を離脱し、モロッコ代表FWマルアーヌ・シャマフとロシア代表FWアンドレイ・アルシャヴィンは出場機会を求めチームを去るとみられている。そのためヴェンゲル監督はストライカーの獲得が冬の補強最優先ポイントだと考えているようだ。

 フンテラール以外にも、今シーズンブレイクを果たしているクリスタル・パレスのイングランド代表FWウィルフレッド・ザハ獲得や昨シーズン同様、元アーセナルのFW(現ニューヨーク・レッドブルズ)ティエリ・アンリの短期レンタルも噂されているが、今シーズン終了後にシャルケとの契約が満了するため、バーゲン価格で獲得できるフンテラールを第1候補としている。

【写真】=原田亮太

欧州順位ランキング

チェルシー
78pt
トッテナム
74pt
リヴァプール
66pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
73pt
ライプツィヒ
63pt
ドルトムント
57pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
81pt
レアル・マドリード
81pt
アトレティコ・マドリード
71pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ローマ
75pt
ナポリ
71pt
欧州順位をもっと見る