2012.11.23

プレミアリーグの日程改革を提案するヴェンゲル「日本で監督をしていた時は…」

Jリーグと同じ1月から11月までのレギュレーションをプレミアリーグにも導入することを提案するヴェンゲル監督

 アーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督はプレミアリーグのハード過ぎるスケジュールに不満を持っている監督の1人だが、「シーズンを1月にスタートさせて、11月に終わらせるような新しいレギュレーションの導入を検討するべきだ」と議論を呼びそうなコメントを残している。イギリス紙『テレグラフ』が報じている。

 「私はこの考えが周りの人から見れば、おかしなアイデアだと思われることは理解している。しかし、私が日本で監督をしていた時、Jリーグのシーズンは1月から11月までだった。私たちは1月からトレーニングを開始したんだ。とても自然なものだったよ」

 「オフ期間の長さは同じだ。試合数を変える訳ではない。夏の期間にプレーすることはフットボールに最も適していると思う」

  なお、マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督やマンチェスター・Cのロベルト・マンチーニ監督もウィンターブレイクの導入を求めている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング