2012.10.09

マンチーニ監督がバロテッリに三行半か…交代後の振る舞いにコーチも不快感

マンチーニ監督との関係悪化が報じられたバロテッリ

 マンチェスター・Cのイタリア代表FWマリオ・バロテッリとロベルト・マンチーニ監督の関係が悪化していると、イギリス紙『デイリーメール』など、各メディアが報じている。

 バロテッリは、6日に行われたプレミアリーグ第7節のサンダーランド戦に先発したが、55分にアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロとの交代を命じられた。この際、バロテッリは不満げな態度を見せ、ベンチに戻らずそのままロッカールームへ下がってしまった。

 さらに、試合が終了してわずか15分でスタジアムを後にしたバロテッリは、間もなくマンチェスター空港にいる姿がキャッチされ、翌日にはミラン対インテルの“ミラノ・ダービー”を観戦している。

 ブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたヨーロッパ予選を戦うイタリア代表に召集されているバロテッリは、すぐにイタリアへ帰国したことは問題ない。しかし、交代直後にロッカールームへ下がったことは問題視されており、マンチェスター・Cのデイヴィッド・プラットコーチは「なぜ、彼がそんなことをしたかわからない」とコメントし、不快感をあらわにした。

『デイリーメール』は、マンチーニ監督が1月にバロテッリを放出することを決断したと報じている。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る