2019.08.31

アザールが昨季EL最優秀選手に輝く…チェルシーの6年ぶり優勝に貢献

アザール
昨季ELでチェルシーの優勝に貢献したアザール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 UEFA(欧州サッカー連盟)は30日、2018-19シーズンのヨーロッパリーグ(EL)最優秀選手賞を発表し、ベルギー代表MFエデン・アザールが選ばれた


 今夏にレアル・マドリードに移籍したアザールは、チェルシーに所属していた昨シーズンのELで8試合に出場。アーセナルとの決勝では2ゴール1アシストで、6年ぶり2度目のEL制覇に貢献していた。

 最優秀選手賞は、ELグループステージに参戦した48クラブの監督と55人のジャーナリストによって選ばれる。アザールは340ポイントを獲得し、2位のフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(チェルシー/119ポイント)や、3位のセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト→レアル・マドリード/94ポイント)らに大差をつけての受賞となった。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング