EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.03.19

クロップ、古巣ドルトとの対戦に感慨「サッカーだけが描けるシナリオ」

FREIBURG GERMANY - FEBRUARY 7: Headcoach Juergen Klopp (R) and Shinji Kagawa of Borussia Dortmund celebrates after the Bundesliga match between SC Freiburg and Borussia Dortmund at Schwarzwald-Stadium on February 7, 2015 in Freiburg, Germany.  (Photo by Michael Kienzler/Bongarts/Getty Images)
昨シーズンまでドルトムントを指揮したクロップ氏(右)と香川(左) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝の組み合わせ抽選会が18日に行われ、リヴァプールの対戦相手は日本代表MF香川真司が所属するドルトムントに決定。これを受けて、リヴァプールの公式サイトがユルゲン・クロップ監督のコメントを伝えている。

 クロップ監督は2008年から昨シーズンまでドルトムントを指揮。ブンデスリーガ連覇を果たすなど、数々のタイトルをもたらした。昨年10月にはブレンダン・ロジャース前監督の後任としてリヴァプールの指揮官に就任。ドルトムントの指揮官を退任後、約8カ月で古巣との対戦が実現することとなった。

 クロップ監督は、古巣との対戦について「今回のドローは本当に嬉しい結果だね。昨日は『今大会の最強チームと当たりたくない』と話したけど、ELを優勝したいのなら、準々決勝で最強のチームに勝てばいいんだ」と、ドルトムントを強敵と認め、対戦を喜んだ。

 続けて、「自分が率いる新しいチームをドルトムントに紹介できるのは幸せなことだ。この素晴らしいスタジアムと街を見てもらいたい。これはサッカーだけが描くことができるシナリオだね」と、古巣クラブをリヴァプールに迎え撃つことを心待ちにした。

 さらに「世界の2つのビッグクラブがELで激突する。だから、数カ月前までELに興味のなかった人たちもここ2、3週間で考えが変わったと思うよ。マンチェスター・Uと2試合を戦った後に、今度はドルトムントと対戦できるんだ」と、ビッグクラブとの対戦が続くELの魅力を強調した。

 最後に、ドルトムントについては「ドイツの強豪だ。世界で最も優れたリーグでチャンピオンになる可能性がある。首位のバイエルンとは勝ち点差5で、十分にトップに立つチャンスがあるね。ただ、我々にとって悪いことではない。強敵が相手になるほど、良いプレーができているからね。多くのドルトムントの選手を知っている、全てではないが98パーセントだ。世界中が注目する2試合になるだろう」と、相手の手の内は把握していると自信をのぞかせた。

 EL準々決勝のファーストレグは4月7日、セカンドレグは同14日に行われる。

Pickup

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る