2016.03.11

終盤に出場のドルト香川、苦境続くも「納得しないと前に進めない」

香川真司
トッテナム戦のハーフタイムにウォーミングアップを行う香川(中央) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、10日にヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦ファーストレグでトッテナムと対戦し、3-0の勝利を収めた。ベンチスタートとなり、終盤から出場した香川が試合後の取材に応じている。

 ドルトムントは30分にガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが先制点を挙げると、後半にドイツ代表MFマルコ・ロイスが2点を追加。ベスト8進出に向けて大きく前進した。

 82分からの出場となった香川は、「いい試合をしましたね」と振り返ると、自身のプレーについては、「失点しないことと、チャンスがあれば狙っていました。チームがいい試合をしていたので自分もいい形で終われるように攻守において意識しました。10分だけだったので何とも言えないですけど、ただ目の前の試合でハードワークするだけですし、みんなが、内容でもすごくいい試合ができたんじゃないかと思うんで、そういうのは刺激になりました」と述べ、トッテナム相手に好パフォーマンスを披露したチームメイトから刺激を受けたと明かしている。

 5日に行われたブンデスリーガ第25節、バイエルンとの大一番ではベンチ外となった香川。同試合についてトーマス・トゥヘル監督とは「別に話してないです」と明かすと、「守備的に戦ううえで香川を外した」という指揮官の言葉を受け入れるしかないと述べた。

 そして、「嫌でも納得しないと、前に進めない感じがするから、しっかり自分なりに受け止める所は受け止めて。まずはチームが勝っているからそれがひとつ大きなことですし、それが、自分がやらなきゃいけないという強い刺激になっています」と、自身は苦境に立たされているが、チームの勝利が重要だと主張。

 続けて、「やっぱりここで勝ち抜いていかないといけないですし、また明日から練習して、次の試合に備えてちょっとずつ(出場)時間が増えたり、いつチャンスが来るか分からないので。いまは良い準備ができていると思ってます。僕はここ数試合出ていないから練習でいかにプラスアルファをやって、試合に入った時にどれだけフレッシュさを保ちながら違いを作れるかというのが大事になってくると思うので、しっかり準備するだけだと思います」と、レギュラー奪取に向けて意気込みを語っている。

 ドルトムントは13日に、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツと対戦する。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
9pt
チェルシー
9pt
マンチェスターU
9pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ウォルフスブルク
3pt
ケルン
3pt
欧州順位をもっと見る
ラスパルマス
6pt
バルセロナ
6pt
Rマドリード
6pt
欧州順位をもっと見る
ジェノア
6pt
ユベントス
6pt
サンプドリア
6pt
欧州順位をもっと見る