2016.02.26

2試合合計10-0…バレンシア、EL新記録の圧勝で16強進出

EL1回戦突破を決めたバレンシア(写真はファーストレグ) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが25日に行われ、ラピッド・ウィーン(オーストリア)とバレンシアとが対戦した。

 18日に行われたホームでのファーストレグで、6-0と大勝したバレンシア。大会記録に並ぶ最多得点差勝利で1回戦突破を決定的なものとした。21日のリーガ・エスパニョーラ第25節グラナダ戦でも2-1と勝利を収め、公式戦3連勝。中3日で敵地に乗り込んだ。

 スコアが動いたのは後半に入ってからだった。まずは59分、最終ラインからのフィードで相手DFの背後を取ったロドリゴが、飛び出してきた相手GKの前でシュート。頭上を越えたボールがゴールへ吸い込まれた。さらに5分後の64分には、スルーパスに反応して抜け出したソフィアン・フェグリがペナルティーエリアに差し掛かった位置から右足シュートを決め、スコアを2-0とした。

 なおも攻撃の手を緩めないバレンシアは、72分に3点目を決める。カウンターから敵陣中央をフェグリがドリブルで突破し、右前方へスルーパス。反応したパブロ・ピアッティが右足シュートを決めた。そしてゴールラッシュの締めくくりは88分、右CKからルベン・ヴェゾがヘディングシュートを決め、スコアを4-0とした。

 試合は4-0で終了。バレンシアがアウェーでも大勝し、2試合合計スコア10-0とラピッド・ウィーンを圧倒した。『UEFA.com』によると、2試合合計で10点差がついたのはヨーロッパリーグ史上初。大会新記録を樹立して公式戦4連勝を果たしたバレンシアが、ベスト16へ進出した。

 なお、バレンシアの次戦は28日、リーガ・エスパニョーラ第26節でアスレティック・ビルバオと対戦する。

【スコア】
ラピッド・ウィーン 0-4(2試合合計スコア:0-10)バレンシア

【得点者】
0-1 59分 ロドリゴ(バレンシア)
0-2 64分 ソフィアン・フェグリ(バレンシア)
0-3 72分 パブロ・ピアッティ(バレンシア)
0-4 88分 ルベン・ヴェゾ(バレンシア)

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る