2016.02.19

緊急出場のGKロメロが好守連発も…マンU、敵地でミッティランに逆転負け

マンチェスター・U
ミッティランに逆転を許したマンチェスター・U [写真]=Man Utd via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが18日に行われ、ミッティランとマンチェスター・Uが対戦した。

 グループDを2位で突破したミッティランがホームにマンチェスター・Uを迎えての一戦。チャンピオンズリーグでグループステージ3位に終わりELへまわることとなったマンチェスター・Uは、ケガ人が続出。主将のFWウェイン・ルーニーに加え、試合直前にはGKダビド・デ・ヘアも負傷し、GKセルヒオ・ロメロが急遽スタメンに入ることとなった。また、DFラインにもパディ・マクネアーやドナルド・ラヴといった若手選手が起用されている。

 最初にチャンスを作ったのはマンチェスター・U。8分、ハーフウェイライン付近でボールを奪ったジェシー・リンガードがドリブルで持ち上がりエリア内左にスルーパス。これを受けたメンフィス・デパイが左足で狙ったが、シュートはDFにブロックされた。

 一方のミッティランは11分、右CKにゴール前のキアン・ハンセンが頭で合わせたが、ここはGKロメロが好セーブで凌いだ。36分にもミッティランに決定機が訪れる。自陣からのクリアボールでDFラインの背後をとったヴァーツラフ・カドレツがGKと1対1となったが、ここもロメロのセーブに遭い、得点とはならない。

 するとピンチを凌いだマンチェスター・Uは37分、右サイドからのクロスをゴール前のデパイが押し込み、貴重なアウェーゴールを奪った。ところが44分、ミッティランは相手のパスミスからボールを奪うと、ドリブルでゴール前に切れ込んだピオーネ・シストが右足のシュートを枠の右隅に決めて、前半のうちに試合を振り出しに戻す。

 後半に入ると、ミッティランがカウンターから相手ゴールを脅かす場面を作ったが、GKロメロの好守もあり、スコアは動かない。それでも77分、エリア手前でドリブルを仕掛けたパウル・オヌアチュが、一度はボールを失ったものの、自ら奪い返し右足でミドルシュート。これがゴール左下に決まり、ミッティランが試合をひっくり返した。

 結局この得点が決勝ゴールとなり、ホームのミッティランが2-1で先勝。マンチェスター・Uはアウェーゴールを奪ったものの、逆転負けを喫している。

 セカンドレグは25日、マンチェスター・Uのホームで行われる。

【スコア】
ミッティラン 2-1 マンチェスター・U

【得点者】
0-1 37分 メンフィス・デパイ(マンチェスター・U)
1-1 44分 ピオーネ・シスト(ミッティラン)
2-1 77分 パウル・オヌアチュ(ミッティラン)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
9pt
チェルシー
9pt
マンチェスターU
9pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ウォルフスブルク
3pt
ケルン
3pt
欧州順位をもっと見る
ラスパルマス
6pt
バルセロナ
6pt
Rマドリード
6pt
欧州順位をもっと見る
ジェノア
6pt
ユベントス
6pt
サンプドリア
6pt
欧州順位をもっと見る