2016.03.17

CLベスト8が出揃う…スペイン勢が最多3、マンC&ヴォルフスが初進出

cl2016best8
CLベスト8に進出したバルサ、バイエルン、マンC、パリSG(左上から時計回り)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグの2試合が16日に行われ、準々決勝進出8クラブが出揃った。

 国別で見ると、最多3クラブがベスト8に名を連ねたのはスペイン。2連覇を狙うバルセロナはアーセナルを2試合合計5-1で撃破し、レアル・マドリードはローマを2試合合計4-0で一蹴した。そしてアトレティコ・マドリードは、チャンピオンズリーグ決勝トーナメントで史上初となる2試合合計0-0の激闘をPSVと演じ、PK戦の末に勝利を収めて準々決勝進出を果たした。

 また、ドイツ勢も2クラブがベスト8進出を決めた。バイエルンはユヴェントスとのセカンドレグで2点を先行される苦しい展開を強いられたが、後半アディショナルタイムに2-2と追いつき、2試合合計4-4で延長戦へ。延長戦では2ゴールを挙げて競り勝ち、5大会連続の準々決勝進出を果たした。一方、前回準優勝のユヴェントスが敗退したことで、イタリア勢は今大会から姿を消した。また、ヘント(ベルギー)と対戦したヴォルフスブルクは2試合合計4-2で初のベスト8入りを決めている。

 初の準々決勝進出を果たしたのは、ヴォルフスブルクだけではない。ディナモ・キエフ(ウクライナ)と対戦したマンチェスター・Cは、アウェーでのファーストレグを3-1で制すると、ホームでのセカンドレグをスコアレスドローで終え、準々決勝進出を決めた。

 また、ゼニトを破ったベンフィカ、チェルシーを2試合合計4-2で下したパリ・サンジェルマンもベスト8に名乗りをあげている。

 なお、準々決勝は4月5日と6日にファーストレグ、4月12日と13日にセカンドレグを行う予定。組み合わせ抽選会は今月18日に行われる。

 2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝進出を決めた8クラブは以下のとおり。

バルセロナ(スペイン)
レアル・マドリード(スペイン)
アトレティコ・マドリード(スペイン)
バイエルン(ドイツ)
ヴォルフスブルク(ドイツ)
マンチェスター・C(イングランド)
パリ・サンジェルマン(フランス)
ベンフィカ(ポルトガル)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る