2016.03.16

アトレティコとPSVの激闘…2試合合計0-0はCL決勝T史上初の記録

ズート
安定感抜群の守備でアトレティコを封じ込めたPSVのGKズート [写真]=VI-Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが15日に行われ、アトレティコ・マドリードとPSVが対戦。PK戦の末にアトレティコ・マドリードが8-7で勝利を収めた。

 2月24日のファーストレグ、そしてセカンドレグでは延長戦を含めた120分間で0-0のスコアレスドローを演じた両チーム。チャンピオンズリーグの決勝トーナメントでは、2試合合計スコアが0-0という結果は史上初の記録だった。『UEFA.com』が伝えている。

 ファーストレグでは、後半途中に退場者を出したPSVをアトレティコ・マドリードが攻略できず、アウェーゲームを奪えないまま試合終了を迎えた。セカンドレグでは、15分にアトレティコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンが放った左足シュート、そして57分にPSVのオランダ代表FWユルゲン・ロカディアの右足シュートが右ポストに弾かれた場面以外は、決定機と呼べるチャンスはほとんどなかった。

 PK戦でも両チームは拮抗した戦いを見せ、互いに7人目まで全員が成功。先攻のPSVが8人目で失敗したのに対して、アトレティコ・マドリードはスペイン代表DFフアンフランがキックを決め、大会史に残る熱戦に終止符を打った。

 3大会連続のベスト8進出を決めたアトレティコ・マドリードは次戦、19日のリーガ・エスパニョーラ第30節でスポルティング・ヒホンとアウェーで対戦。一方のPSVは20日のエールディビジ第28節で、勝ち点差「1」と肉薄している2位アヤックスとの首位攻防戦をホームで迎える。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る