2016.02.17

CL観戦のロナウド氏がイブラ&カバーニを称賛「美しい動きで見事な得点」

ロナウド
パリSGvsチェルシー戦を観戦したロナウド氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元ブラジル代表FWのロナウド氏が、16日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、パリ・サンジェルマンとチェルシーの対戦をスタジアムで観戦した後、フランスメディア『beIN SPORT』のインタビューに応じた。

 試合はパリSGが39分にスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのFKで先制したが、前半終了間際に失点。同点まま試合終盤に突入すると、78分にアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアのスルーパスから、途中出場したばかりのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが決勝点を挙げて、パリSGが2-1で先勝した。

 ロナウド氏は試合後、「美しい試合だったね。すごく楽しんだよ」と語り笑顔を見せると、「今日はパリSGのほうがいいプレーをしていた」と振り返った。ストライカーについて問われると、「イブラとカバーニはいいコンビネーションを見せていたし、美しい動きでゴールも見事だった」と、この日ゴールを挙げたとイブラヒモヴィッチとカバーニを称賛した。

 セカンドレグは3月9日にチェルシーのホームで行われる。ロナウド氏は「チャンピオンズリーグはいつも難しいし、チェルシーの本拠地で戦うのも困難な試合になる」と見据えつつ、「第2戦が待ち切れないよ」と語った。

欧州順位ランキング

チェルシー
52pt
トッテナム
45pt
リヴァプール
45pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
39pt
ライプツィヒ
36pt
ヘルタ・ベルリン
30pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
40pt
セビージャ
39pt
バルセロナ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
45pt
ローマ
44pt
ナポリ
41pt
欧州順位をもっと見る