サッカーゲームキングジャック6月号
2016.02.13

ローマがカルピ撃破、4連勝で暫定3位浮上…CLレアル戦に弾み

GettyImages-509822690
敵地でカルピを破ったローマの選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第25節が12日に行われ、カルピとローマが対戦した。

 リーグ戦24試合を終えて12勝8分け4敗、勝ち点44で5位につけるローマは現在、リーグ戦3連勝中と調子を上げている。前節のサンプドリア戦ではホームで2-1と競り勝った。中4日で迎える今節、先発メンバーを4名変更。フランス代表DFリュカ・ディニュとベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン、フランス人MFウィリアム・ヴァンクール、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが起用された。

 一方のカルピはリーグ戦4試合勝ちなしと調子を落としている。セリエB降格圏内から脱するためにも、上位相手のホームゲームで浮上のきっかけを掴みたいところだ。

 前半はスコアレスのまま終了し、スコアが動いたのは56分だった、先制したのはアウェーのローマ。敵陣中ほど、左サイドでパスを受けたディニュが思い切りよく左足を振り抜くと、無回転の強烈なロングシュートがゴール右隅へ突き刺さった。ディニュのスーパーゴールで、ローマが1-0とリードした。

 対するカルピも、5分後に反撃。61分、ロングパスを頭で後方へ逸らし、シンプルな縦への攻撃で相手最終ラインへとボールを送る。相手DFと並走したジェリー・ムバコグが競り合いからボールを奪うと、右サイド深くまで進入。最後は中央への折り返しをケヴィン・ラザーニャが押し込んで同点ゴールを決めた。

 同点に追いつかれたローマはなかなか勝ち越せずにいたが、試合終盤に再びリードを奪った。84分、モハメド・サラーがドリブルで右サイド深くまで持ち込み、ペナルティーエリア内から中央へ折り返すと、詰めていたジェコが押し込んで2-1。さらに1分後には、こぼれ球をサラーがプッシュして3点目を決めた。

 試合は3-1で終了。ローマが快勝し、リーグ戦4連勝で暫定3位に浮上した。次戦は17日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでレアル・マドリードをホームに迎える。また、リーグ戦の次節は21日、パレルモとのホームゲームを控えている。一方のカルピは21日、アウェーでトリノと対戦する。

【スコア】
カルピ 1-3 ローマ

【得点者】
0-1 56分 リュカ・ディニュ(ローマ)
1-1 61分 ケヴィン・ラザーニャ(カルピ)
1-2 84分 エディン・ジェコ(ローマ)
1-3 85分 モハメド・サラー(ローマ)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る