2016.01.23

UEFA、ユーロ2016でゴールラインテクノロジーを導入…来季CLでも

ゴールラインテクノロジー
2015年の女子W杯でも導入されたゴールラインテクノロジー [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 UEFA(欧州サッカー連盟)は、今年6月から7月にかけてフランスで開催されるユーロ2016において、ゴールラインテクノロジーを採用することを決定した。22日、公式サイト『UEFA.com』が伝えている。

 ゴールラインテクノロジーとは、ボールがゴールラインを割ったかどうかを機械で判定し、主審のジャッジを補助するシステム。2014年のワールドカップ(W杯)や翌年の女子W杯、プレミアリーグなどの欧州主要リーグで導入されている。

 ユーロ2016では、決勝トーナメントで同システムが採用されることとなった。また、2016-17シーズンのチャンピオンズリーグでも、プレーオフ以降の試合でゴールラインテクノロジーを採用。さらに同シーズンのヨーロッパリーグ・グループステージでも導入することを検討していると発表した。

欧州順位ランキング

チェルシー
52pt
トッテナム
45pt
リヴァプール
45pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
39pt
ライプツィヒ
36pt
ヘルタ・ベルリン
30pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
40pt
セビージャ
39pt
バルセロナ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
45pt
ローマ
44pt
ナポリ
41pt
欧州順位をもっと見る