2015.11.07

都並氏がバイエルン対アーセナルを分析…29分のゴールに「ペップの戦術が隠されている」

シャビ・アロンソ
都並氏はシャビ・アロンソのビルドアップに戦術の秘密があると分析した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元日本代表DFの都並敏史氏が11月6日深夜に日本テレビで放送した『UEFAチャンピオンズリーグハイライト』で世界トップクラスのプレーを解説。2015-16シーズンUEFAチャンピオンズリーグ、グループステージ第4節を振り返った。

 第4節屈指の好カードとなったバイエルン対アーセナルは、5-1でドイツ王者バイエルンが大勝。大量ゴールの口火を切った10分のロベルト・レヴァンドフスキのヘディング弾については、「後ろに倒れながらのヘディング。どういう感覚なんでしょうか。うまいよね」と舌を巻いた。

 決勝点となったトーマス・ミュラーが決めた29分のゴールのポイントは、最初のビルドアップにあると解説。自陣深くでバイエルンのシャビ・アロンソがボールを奪うと、アーセナルは4選手が高い位置からプレスを掛ける。シャビ・アロンソは、近くの味方にパスを出す、前線に大きく蹴り出すといった安全な選択をすることなく、右サイドを駆け上がったフィリップ・ラームへのスルーパスを選択。アーセナルの選手と選手の間を抜けた約20メートルのスルーパスはラームに渡り、バイエルンは一気にカウンターを仕掛けて得点を奪う。一本のパスで局面を打開して、得点機を生み出したシーンについて都並氏は「ここにグアルディオラ監督の戦術が隠されている」と力説した。

 敗れたアーセナルはグループステージの成績が1勝3敗となり、決勝トーナメント進出が厳しい状況となっている。

『UEFAチャンピオンズリーグハイライト』は、BS日テレで11月9日(月)24時から、「日テレ無料」での見逃し配信は11月7日(土)15時から一週間限定で視聴可能となっている。グループリーグ第5節のハイライトは、11月27日(金)深夜に放送予定。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
9pt
チェルシー
9pt
マンチェスターU
9pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ウォルフスブルク
3pt
ケルン
3pt
欧州順位をもっと見る
ラスパルマス
6pt
バルセロナ
6pt
Rマドリード
6pt
欧州順位をもっと見る
ジェノア
6pt
ユベントス
6pt
サンプドリア
6pt
欧州順位をもっと見る