サッカーゲームキングジャック6月号
2014.12.11

シャルケ3季連続の決勝T進出…内田は身体を張った守備で貢献

内田篤人
マリボル戦にフル出場した内田(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループGの最終節が10日に行われ、マリボルと日本代表DF内田篤人が所属するシャルケが対戦した。内田はフル出場している。

 すでにチェルシーの首位通過が確定しているグループGは、勝ち点7のスポルティング・リスボンと勝ち点5のシャルケが2位争いを演じている。逆転での決勝トーナメント進出を果たすため、シャルケは勝利が求められる一戦となった。

 シャルケは5分、ペナルティーエリア手前で縦パスを受けたトランクイロ・バルネッタが左足でシュートを放つ。さらに17分、右サイドからマルコ・ヘーガーがクロスを上げ、中央のバルネッタが頭で合わせたが、いずれもボールは枠を捉えることができなかった。

 対するマリボルは21分にCKからチャンスをつかむと、最後はファーサイドのマルコス・タヴァレスがシュートを狙う。しかし、内田の身体を張ったディフェンスに防がれ、決定機を生かせなかった。

 その後もスコアが動かないまま試合が進む。シャルケは42分にペナルティーエリア内右でボールを受けたクラース・ヤン・フンテラールが中央へパスを出すが、ゴール前のバルネッタには合わない。44分にはフンテラールがドリブルからシュートを狙ったが、枠を外れて得点には結びつかなかった。

 迎えた後半は、シャルケが押し気味に試合を進めるが、マリボルの守備を崩せない状況が続く。55分には、右サイドの攻撃から最後はフンテラールがシュートを打ったが、ボールはポストに阻まれた。

 直後に得点が欲しいシャルケはバルネッタに代えてマックス・マイヤーを投入。すると62分、この采配が的中した。シャルケは右サイドから攻撃を仕掛け、ヘーガーがクロスを入れると、GKが弾いたところをマイヤーが詰めて、待望の先制点を奪った。

 終盤はマリボルも反撃を試みたが、スコアは動かず試合はタイムアップ。マイヤーの決勝ゴールによりシャルケが1-0で勝利を収めた。また、同時刻に行われた試合でスポルティング・リスボンがチェルシーに敗戦。この結果、勝ち点を8に伸ばしたシャルケが2位となり、3シーズン連続となる決勝トーナメント進出を果たしている。

【スコア】
マリボル 0-1 シャルケ

【得点者】
0-1 62分 マックス・マイヤー(シャルケ)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る