EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2014.12.10

先発出場の香川、地元メディアから厳しい評価「チーム唯一の失望」

香川真司
アンデルレヒト戦に先発出場した香川真司(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 9日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第6節で、グループDでは日本代表MF香川真司のドルトムントとアンデルレヒトが対戦。1-1の引き分けに終わり、ドルトムントがグループ首位での決勝トーナメント進出を決めた。

 香川は先発メンバーに名を連ねたが得点には絡めず、84分にポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキとの交代でベンチに下がっている。

 試合後、地元メディアは各選手の採点と寸評を発表。香川に関する評価は以下のように厳しいものになった(1が最高、6が最低)。

 各メディアの採点および寸評は以下のとおり。

『レヴィーア・シュポルト』
採点:5(ドイツ代表MFケヴィン・グロスクロイツと並んでチーム最低)
寸評:4分にFWチーロ・インモービレのビッグチャンスを演出したが、この試合で彼の良いプレーはこれだけだった。この日本人はチームで唯一の失望だ。チームが前がかりになっている時のパスミスは不快。先制点を奪った直後の(自分でシュートを打った)プレーもわがままだ。

『デア・ヴェステン』
採点:4.5(グロスクロイツと並んでチーム最低)
寸評:(チーロ)インモービレに流した4分のパスだけが見どころ。この司令塔が見せ場を作ったシーンは他にはない。ゴールチャンスもあったが、大きく外している。

『ルールナハリヒテン』
採点:4.5(グロスクロイツと並んでチーム最低)
寸評:先発に復帰し、4分にはインモービレに良いパスを出した。また28分にはシュートも放っている。幸運にも彼が犯した34分のパスミスは失点につながらなかった。セカンドクラスの相手に対し、3回に1回もボールを失っているようでは、まったくもって弱すぎる。

Pickup

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る